バンブー〈PLUS〉NEWS 〜H31年1月号〜

新観光地となったジョーテラス大阪から大阪城周辺や大阪府庁前から御堂筋にかけては、LEDの鮮やかなイルミネーションが見られ、訪日観光客も大挙訪れ、この数年で大阪は全く様子が激変しました。

そして東京オリンピック後は大阪万博も決まり又、統合型リゾート(IR)の誘致も大阪が取りそうですので、そこまでの関西の経済は非常に有利に働きそうです。

又、私達美容界にとっても数少ない飛躍のチャンスだと思いますのでこの間に地盤固めをして頂きたいし、それが出来ているサロンはもう一段上を目指して他に脅かされることのない絶対地位を築いて頂きたいと願っています。

2018年の統括

さて今回は1年間の統括ということで、皆さんもこの12か月間をどう動いてきたか、計画や目標に対してどのような結果が出たかなど検証してみる事も大事なことだと思います。

年々変わっていく社会情勢や世界の動きで日本経済も大きな影響を受けてきています。国内では政府が実施した「働き方改革」で仕事のあり方が大きく変わってきました。

まず一番はどの業種とも人手不足により人員の確保が難しくなってきたことです。例えば東京を筆頭に黒字で有るにもかかわらずバス路線が大幅にカットされお年寄りが困ると嘆いている様子がテレビで放映されていました。

美容界に於いても今後増々スタッフの確保は困難になってきそうです。

第一にやることは、今居るスタッフが辞めない仕組み、つまり働きやすい魅力的な職場作りをすることで昔ながらの拘束時間の長い環境で気合や根性を振りかざす経営者は一番敬遠されると言われています。

今後はこのジェネレーションギャップをどう埋めていくか又、理解して行くかが大事なポイントになりそうです。

営業時間内に効率的な売り上げをするにはチームワークと共にその地域の上級なお客様に来ていただくことが重要になります。又、小規模サロンに於いては徹底的にサロンを“特化”することが大事です。

意見の集約やアイデア、又やるべき方向性を決めるにしても、まとまり易く効果も出やすいのが小規模サロンの強味です。弊社としましても皆様のサロンの発展に少しでもお役に立てるよう知恵を絞って応援していく所存です。

皆様も今一番輝いているバーデンスブランドをもっと活かした戦略でサロンの想いを実現して頂きたいと思っています。各地で成功店が続々と出ているという事は、バーデンスの秘めたるポテンシャルが他を圧倒しているからだと思います。これからの皆様の奮闘を期待しております。

※花王が直径1万分の1ミリ単位の極細繊維を肌表面に吹き付けて形成する美容用の人工皮膚を2019年に製品化すると発表しました。肌を緊密になめらかに整える作用があり、シワを軽減するスキンケア商品などへの応用が有望と言われています。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP